駒沢公園までお散歩してきました

今日は、東京は久しぶりに青空で空気も澄んで、気持ちの良い日でした。
10月も残り数日になって、ようやく「秋が来た」と言いたくなるような一日でした。

 

こんな日には外に出たくなるので、子供を誘って駒沢公園まで行ってきました。
我が家から駒沢公園までは、歩いて20分強あります。

 

子供は中学生ですが、入学直後に重い病気にかかり、去年の秋から今年の春にかけて半年ほど入院を余儀なくされました。
幸い、経過は順調で、今月からは短時間の登校が可能になったのです。
とはいえ体力的には、まだ学校に行って帰ってくるのが精いっぱいなので、教室に入って授業を受けられるようになるのは、まだまだ先の話になりそうですが。

 

体力をつけるために、子供が学校に行かない日は、短時間でも良いから一緒に外歩きをするようにしています。
先週はお天気が悪くて外に出るのもなかなかできなかったので、今日は久しぶりのお散歩でした。

 

早い木はうっすらと紅葉が始まりかけていて、秋なんだなぁ、と感じさせてくれました。
パンパスグラスの大きな穂を見て、「そういえば去年の今頃も、ここで子供と同じ景色を見たんだな」と、ぼんやりと思いました。
あの頃はこの先何が起こるか、親子ともに見えなくて不安しかありませんでしたが、
今はこのまま行けば必ず良くなる、学校生活も取り戻せる、と、いうところまで来ています。
ここまで来られたのは、ひとえに彼の頑張りゆえのことです。

 

さて、駒沢通りに近い中央広場では、犬関係のイベントが行われていて、犬を連れた家族連れでにぎわっていました。
ソフトバンクのお父さんそっくりの大きな白い日本犬の頭を撫でさせていただいて、親子ともにうれしかったです。
ふかふかで、とっても気持ち良かった。